自己破産 デメリットなび|メタタイトルと違う

自己破産のデメリット

自己破産のイメージ

自己破産はできれば一生したくはないものです。
しかし、人生は何が起こるかわかりません。
また、自己破産という言葉は、まるで人間失格のようなマイナスのイメージが大きいと思います。
自己破産した後も普通に生活はできない、会社にもいられないと考えてしまうでしょう。
実際はそんなことはないようですが、もちろんデメリットはあります。
このサイトでは、自己破産のデメリットについて詳しくご紹介しています。

自己破産で失うもの

自己破産をすると、家財道具など何もかも差し押さえられてしまうのではないかという不安があると思います。
しかし実際はそうではなく、一定の基準がありその範囲の中で財産を処分して換価されて債権者に配分されることになります。
また、処分する財産がない場合は持っていかれるようなこともありません。
実際、自己破産をする人のうち90%以上が財産はそのままであるようです。
ここでは、具体的にどのようなものが処分の対象になるのかをご紹介していきます。

自己破産で受ける制限

自己破産すると、債務は無くなりますがさまざまな制限を受けることになります。
まず、挙げられるのが資格の制限です。
自己破産することによって、就くことのできない職業がありますので、きちんと確認しておきましょう。
もしその職業に当てはまる場合は、ある一定の期間は無職になってしまいますので、代わりの職も探さなければなりません。
他にも、転居や長期の旅行など、自由にできない場合があったり、郵便物を管理されることになるなど、ある程度の自由が制限されてしまうことになります。
もし自己破産のことを考えているなら、事前に確かな知識を持っておくことが大切です。


自己破産 デメリットなび
生活への影響
失うものと連帯保証人
さまざまな制限